上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.26 お引っ越し
ちょっと思い立って引っ越しました。といっても駅一つ移動しただけですぐ近くです。今まで住んでたとこは駐車場込みで4万2千円。激安だけどそれなりに狭かったしユニットバスだし駅まで徒歩15分くらいだし。35歳独身でいい歳だし。というわけで今度は駐車場込みで7万の8.5畳くらいのセパレートっす。広い!荷物を全部運び込んでもまだ部屋中に声が響く。かなり落ち着かない。ちょっとやりすぎたか?今回一番困ったのは酔っ払って終電なくなったT波が夜中に持ってきたどっかの洗車のお店の看板の処分。捨てるに捨てられず新部屋に持ってきてしまった。部屋の中に洗車10分とかのぼり立ててる場合じゃねぇよ!なんとかせぃ!
スポンサーサイト
遅ればせながらいたぢきDAY3を振り返ってみたいと思います。

タスクは割愛しますがこの日はほんといろいろと勉強になった気がする。ポイントは気象ブリーフィングで言っていた「昼には海風が入ってくる」ということ。つまり海風が入ってきたらサーマルがなくなるのでいかに早めに駒を進められるかということなんだが・・・

この日は大変条件がよろしく、テイクオフしてからすぐに+4くらいでシコシコ上げられた。1400くらいで足尾方面に向かうとすでにそこはハングやパラが入り乱れてさながら出勤時の通勤ラッシュのごとく混み合っていた。

「あそこに入るんか~・・・しかも時間は12時半でまだ30分もある。げっそり・・・」

こういう時の30分って長いこと長いこと。でもそこそこの高度を維持しつつスタートシリンダーぎりぎりのところでデパーチャーオープンを待つ。と、その時超間抜けなミスを犯す。12時59分の時にシリンダーの中に入ってしまったのだ。「あ!入ってもうた!」と思った瞬間に13時ジャストになった。後悔しても遅いのでセンタリングを一発かまして再度入りなおすがこのミスで高度をロスし、かなり後ろになってしまった。あべし・・・
スタートをきる時の位置づけは慎重に + できる限り有利な位置をたもつ ということを言葉じゃわかってたが今回はほんまに実感できましたわ。スラムダンクの赤木キャプテンが桜木にリバウンドを教えてる場面が思い浮かんだ。
「ゴール下は戦場だ!」ってか。30分間げっそりしてる場合じゃなかったよ。はふぅ~
とりあえず若干遅れてスタートをきり足尾TOをとって振り替えると先を進む人と上げなおしにかかる人がいた。(当たり前か)ここで高度が1500くらいだったのでサーマルも強かったし再度上げなおしにかかった。後から聞いたがこのころすでに東の海風が入ってきていたらしい。先を急ぐべきだったか?
2000オーバーくらいまで上げなおしグライド開始。第2パイロンのなんちゃら公園のあたりでUさんとご一緒することになる。1200くらいだったかなぁ。さだかではないがなんとなくサーマルを物色しつつ、ヒットしたサーマルで再度2000まで上げる。茂木のサーキット場あたり?

「なんか車が走っとるなぁ。あれ見続けてたらやっぱ産業スパイとか言われるんかなぁ。写真取ったろかなぁ。」

今思うとあの時点ですでに海風入ってきてるんだから急いで先に進むべきだった。しかもシリンダー見ながら進んでたはずだがだいぶ西に流されている。まさしく東の海風の影響だ。しかしこの時まだ危機感なし。しかもサーマルヒットもなし。なんかどっかの長細い町の上についた時点で高度500。かなり気まずい雰囲気だったが横からUさんがやってきた。

「おぉ!神様仏様!まだまだいけるぜ!」

しかしなかなかヒットせず400きった頃にようやく弱いサーマルにヒットし二人でぐ~るぐ~るまわす。
※この「~」は北西方向にどんどん流されていることを示す。
しかし高度もないし仕方なくまわし続け高度はようやく1000まで回復したがついに第3パイロンを指すGPSの→が逆向きになった。

「いかがいたしましょう?Uさん」

と話しかけてみると

「俺はもう行くぜ!」

と言い残しUさんがパイロンを目指しだした。(無線での会話じゃなくて私の脳内会話です)後についてパイロンを目指しだすもとんでもない荒れた強風のアゲンスト。うげげっ!対地で20KMくらいだったと思う。進まねぇ!Uさんはパイロンとってターンしていったがこの時高度200くらい。なんとか自分もパイロンを取るもこの時高度150くらい。進むか降りるか悩むが荒れてるし進む先は結構集落も多い。ここは広い田んぼなので安全性を考え降りることに。O沼さんが同じところに降りており風見をしてもらいつつなんとかセーフティランディング。ふぃ~。終わった・・・
降りてから気付いたがランディングアプローチしてた真下で葬式をやっていた。きっと私が天使にでも見えたことだろう。ほんますんませんっす!

後から聞いたが進んだ先で今回の事故があったとのこと。現場付近は多分南東の風が7~8Mで強くなったり弱くなったりと明らかに不安定な荒れたご様子。結構建物もたくさんあったしローターもすごかっただろう。あの状況では安全性を考えて広くひらけた場所に降ろすことを最優先に考えるべきだと判断した自分の考えは正しかった
と思う。多分・・・う~む、どうだろう?チキンなだけなんやろか?
2009.04.23 やばい・・・
某アイドルがわいせつ罪でつかまったらしい。どうやら泥酔状態で全裸になり騒いでいたのを通報されたとのこと。これっていつもの俺らやんけ。どうやら社会的には犯罪になるらしい。そういや去年の夏に大佐のメインランでT波と二人で全裸になってビール飲みながらグライダーかたしてたなぁ。気をつけたほうがいいぜ。T波
いたぢきDAY2

タスクは割愛。またやった・・・一時のテンションに身を任せて暴走するバカオオガ炸裂。

昨日の失敗を考え早めに出ようと気合をいれてアーリーバードに立候補し見事ゲット!一番前からテイクオフするも荒れたリッジサーマルの中、選手みんなでもみくちゃにされること1時間半くらい。もう泣きそうになっていたが一瞬のサーマルを捉えて1000オーバーまで上げていっちゃん初めに北に飛び出す。まわりには確かMつ、Sぼんさん、R助、よーわからんZ9がいた。

「ついに大鋸選手 集団から抜け出した~!!」

訳のわからん実況中継が頭の中で流れ俄然テンションがあがる。途中ゴルフ場で1500まで上げた日にゃもう最高潮!

「行っちゃえ~!!」(ほんとに後から逝っちゃったけど・・・)

またもや考え無しに突っ走りだした。するとMつがスィ~と戻っていく。「なにゆえ?!」と思いつつも(実は次のスタートタイムの4分前だったようだ)既に行け行けドンドン状態の自分を止めるすべはなくR助と二人でスタートする。高峰の山並に行けばヒットするだろうという目論見で進むもラインがずれていたようでとんでもないシンク帯にはまる。-4~5くらい。ラインをずらし、ガレ場を目指すもスカってしまい少し前にいたR助が回しだしたのでむかうもヒットせずそのままずるずると高度を失い益子手前にランディング。R助も益子とってそのままささっちゃったみたい。この間15分くらい

「なんだったんだ。いったい・・・」

しばらくぼーぜんとしていると頭の上をきれいどころの第2第3集団が次々と飛んでいく。結構低い高度だがどの集団も10機くらいで編成されておりガーグルを形成しつつ進んでいく。集団じゃなけりゃリスクが高いってわかってんのにね。またもや一時のテンションに身を任せて同じ失敗を繰り返す愚か者。いいかげん学習しろよ!とみんなが見てるブログで自分に激を飛ばしてみる。そうこうしているとアキヨシさんが同じところに降りてきた。まいどお疲れっす!ちょっと心が安らぐ。

今回も止まる、待つ、協力する、ができなかったわけだけどそれ以外にも低い高度で一人になると安全に降ろすことばっか考えてるような気がする。前日も関城上空300でたどり着いた時にそんな思考が働いたし。事故もあったしそれ自体は安全性を考えると大事なことだと思うけど風向きや地形を考えて超安全に降ろせそうな(と自分が確信できる)場所を見つけて心の中でロックオンしてしまっている。他の人がなんとかねばる(スタックする)であろうポイントで降りてしまうのはいざという時のメンタル面が弱いからだろう。ランディングに自信がないからかなぁ。
いい時は考え無しに突っ走るがやばい時には必要以上に慎重(臆病)になっている。う~む。
なんか仕事やその他のことにも通じていそうだ。自己分析を進めてみようっと。
仕事に戻ったものの本日は期のはじめの新製品の勉強会。講師が一生懸命説明しているがどう頑張っても子守歌にしか聞こえない。ふと見ると周りの人らも夢の中。というわけでブログ更新タイム!
板敷初日。タスクはあちこちのブログに書いてあるので割愛。ゲートオープンしたもののテイクオフ前は予想外に渋い。ぶっ飛びはしないが苦労する雰囲気。でも上がっていく人は上がっていく。一人なら大丈夫だろうが(ほんとか?)ちょっとためらってるとすぐに前が塞がってしまった。この辺がダメなところだなぁ。結局ほとんど最後にテイクオフ。すぐにサーマルヒット…したはずだがバリオの上昇音がしない。設定が変わってしまっていたらしく、回しながらボタンをピッピコ押すが直らない。仕方なく体感とデジタル表示で上げることにする。この時点で同じタイミングでテイクオフしたMっすーやH寺さんらに遅れをとる。こういう間抜けなことが多いのはどうしたものか。やれやれ…。気を取り直して1800でスタート(高度とかはうろ覚え)。なんとかバリオの設定も直して近くにいたNのっちを置き去りにしてグライド開始。はるかかなたに何機か見える。途中高峰で上げ直して東宮をとった時点で1200くらい。かなりみんなに追いついてきた。といっても最後尾。ぐぬぬっ。東宮あたりで少しリフトはあったがあまりかまわずに先を進むがこれが失敗でかなり気まずい雰囲気になりゴールデンレイクスで300まで落ちる。周りにはO沼さんとY山さんがいたので3人でリフトを探す。ゴルフ場でY山さんヒット!すかさず下につく。これが+4くらいで一気に1500まで。よっしゃよっしゃ。ここで3人で協力すりゃいいのに1人で飛び出してしまう。この後はほとんどワングライドでみんなが上がったという下館では全くヒットせず関城で200になりあきらめてランディング。トップゴールのIがきさんと同タイミングだった。私はいんちきゴール…しかしみんなの話を聞いてると結構200くらいまで下がってたらしい。あきらめなきゃよかった。しかもゴールデンレイクスで一緒だったO沼さんとY山さんがゴールしてきた。後日O沼さんと話す機会があったがやはりみんなで協力して進むことが大事ですな。一時のテンションに身を任せて一人で先走るとろくなことがないよ。一人でもサーマルを探す力があれば別だがそんなレベルではないしブレーキを踏むところでは踏んで周りを見渡して冷静に状況判断すること。そして闇雲に一人で突っ走らない。止まる、待つ、協力する。これを肝に銘じよう。(しかし翌日また同じことを繰り返してしまうがそれはいたぢきDAY2で書こうっと)
しばらく更新サボってましたが超久しぶりの更新です。
いや~しかしブログの書き込みって結構めんどくさいよね~。でも後から読み返してみるとおもしろいし、飛びの記録とかもためになるのでなるべく更新したいが従来の性格が極度のめんどくさがりなのでなかなかねぇ・・・。毎日更新してる人はすごいね。頭が下がるよ。ほんと。

というわけで板敷編です。

今回行きはてっぺいとともに氏家さんカーに乗っけてもらいました。到着したのは朝4時くらい。はやっ!てっぺいは即寝したが私はというとさっさと寝りゃいいのに一人でビール飲んでだらだら。結局寝たのは5時過ぎくらい。酒飲まんと布団に入る気がしないのはアル中なんやろか・・・(まぢよ、これ)
朝起きるととってもいい天気。ひゃっほぅ~!まぁ寝る前に既に明るくかったけど・・・

そしてついに大会が始まった!というところで昼休みが終わったので仕事に戻ります。
バイなら!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。