上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.28 こ~よ~
先週末は三重県御在所の紅葉を見てきました。思えば紅葉なんてまともに見に行ったことなかったなぁ。
御在所山はロープウェイで登って標高1200Mのところにある。ふもとは全然緑色で紅葉のこの字もないのに頂上に登ったら全面まっかっか。写真は山の中腹くらいでそれでもこの状態。すごいなぁ。

091024_1325~01

1200Mでこれだけ世界が違うのもびっくり。だって1200なんて普通のサーマル1個ですぐ行けちゃうじゃん。別になんてことない世界だと思ってたが一般自然的レベルではかなりの高度差のようだ。う~む。つくづくすごいことをやってるんだなぁとしみじみ思いました。ハング万歳!

というわけで今週末はMさんカップに行ってきます。でも天気いまいちっぽいしらーめんうどんをはしごして飲んだくれますか。あ、龍門月例会のアナウンスしなきゃ。
スポンサーサイト
昔テレビでやってた「マクロス」のパチンコが出るというCMを見て久しぶりに25年前の映画「愛・おぼえていますか」を見た。(まあ知らんわなあ)
ロイフォッカー少佐みたいな死に方をしたいなあとか思いながら見てましたが今見てもなかなかのハイクォリティーな映画ですな。
しかしびっくりしたのはあのマクロスの年代設定が2009年であること。え?今年やんけ!
そうか。1984年頃の2009年の未来像ってこんなイメージやったんや。そういや藤子ふじおの「21えもん」なんてマンガもあったなあ。
……全然違うじゃん!なんか昔イメージしてた未来像と今は全然違うじゃん!宇宙人はやってこないしロボットの友達もいないぞ。出てきたのはAIBOくらいのもんだ。反重力装置を取り付けた浮いてる車とかガラス張りでドーム型の動く歩道とか、こう、なんつーの?机に座ったら机からご飯やらなんやら飛び出てきたり座ってるだけで自動で歯磨きしてくれたりさあ。そんなドラえもんチックなあの未来像はなんだったんだろう。人間の進歩ってやつはいうほどたいしたことないのか、それともあれは高度経済成長の願望が生み出した単なるまぼろしなのか。
そう考えるとそんな明るい未来像を想像したマンガやアニメや映画って最近ないね。たまに未来をテーマにした映画があっても人類滅亡してたりとかさ。俺が知らんだけかな。
我々の文明が進む方向はどっちなんだ!
あ、そんなどうでもいいこと考えてたら酒がなくなったよ。コンビニ行って買ってこよ~っと。(お前自身に未来像がねぇよ)
いそいで過去の書き込みを修正しました。思わぬところで見られてるんですねぇ。気をつけよ・・・
そういやオーストラリア行く時にブログ書いてること言ったなぁ。Nさん、ご内密にお願いします。
2009.10.16 EJC 最終日
楽しかったEJCもついに最終日。この日のタスクはサル公→富谷山→なんちゃら橋→関城LDの55km。でもな~んか午前中は曇ってて渋そう。う~ん・・・

徐々に晴れ間も広がりゲートオープンとなるがいまいち。出た人らは下のほうでのた打ち回っている。こらあかんということでしばし様子見。しばらくして板さんのプッシュでテイクオフ。
+0.5くらいのよわ~いサーマルでやっとこやっとこ650くらいまで。沖でガーグルができているが上がりもいまいちっぽい。すると山の稜線上で長い間日照がありトンビ先生も回してるので「これだ!」と思いTO上を通りパラTO方面に一人突き進む。
・・・・・・・シ~ン、またスカる。と思ったらパラ前でヒット!よっしゃ~!
しかし750くらいで頭打ち。ちょうどスタート時間だったのでこのままサル公行こうか迷うがちょっとしんどいのでTO前に戻ると第一集団が900くらい?でサル公へ向かうのが見えた。さっき沖で上げてた集団だ。またもややってしまった。狙いはいいと思うんだがなあ。なんかうまくいかんよ。また低い高度でのたうち回る。上げたらまた懲りずに山の稜線へ。またとんびが回していたので上についてヒット!800くらいでさっき第一集団がサル公で上げてたのが見えていたので今度は迷わず突っ込む。
……シーン。だからなんでやね~ん!そのままモーパラにプスッと突き刺さってしまい私のEJCは終了。カクッ…
総合32位でした。でもうまくいかなかったけどなんか自分の考えで飛んでた気がするのでそういう意味ではよかったかな。次は西富士。寒そうやなあ…
2009.10.14 EJC 3日目
EJC 3日目は103Kのビッグタスク。おおぅ!フォーブスでは100Kなんてプーな距離でしたが日本じゃどえらいタスクですな。ゴールも出たしすごいよね。
わたしゃもろもろの理由で初日(600点くらい)と本日の点数の平均が2日目の点数に反映されるということで頑張れば一気にランクアップのチャンス!

本日のタスクは足尾→富谷山→佐野藤岡IC→足尾西ラン 103km
スタートタイムも12時半の一回一斉スタートときたもんだ!おおおぅ!!

しかしテイクオフの風が西になって東から全く出られない時間が続いてしまいテイクオフが大幅に遅れてしまう。結局若干フォロー気味で無理くりテイクオフしたのが12時半くらいでスタート切ったのが13時くらい。おふっ・・・
何とか上げきりとみやさんで7~8機のガーグルで回して1500くらい。(この辺もう記憶があいまい)そんでもって集団からちょっと離れてしまい、一人でしこしこグライドする。いまいちご機嫌なサーマルにヒットしないまま低い高度で突き進む。鬼怒川上空で250くらいになって「もうあかん!」と思ったら弱いリフトにヒットして流されながら+1くらいまで強くなってきたところでとみやさんで置いていかれたと思っていた大沼さんやみっち~等がいつのまにか上でまわしてる。よく見ると後から追いついてきたらんぽうさんや田中さんの姿も見える。また7~8機のガーグルで回すが850で頭打ち。この高度では目の前の大きな町(こやま?)は越えられないと考え、町を迂回することにする。よく見ると南方向に大きな雲が出来ており町から立ち上がったサーマルだろうと思って突っ込むと、
・・・・・・・・シーン。なんもねぇよ。またもや判断ミスった~。のた打ち回るもあえなくジ・エンド。
関城LDが見えたがセスナが何機かいて下りると怒られそうなので西に流してランディング。あ~あ
しかも順位はかなり下のほうなのでほとんど点数がつかなかった。せっかく暖かい配慮で平均点がつくところを~。ぐわ~、俺のアホ~!
なんだかボウリングでスペア出した直後にガーター出してしまったような気分・・・

後から聞いたらその町(こやま?)でガツンと上がったらしい。一緒にまわしてた集団も町に入ってからヒットして1800とか上がってたらしいので市街地にびびらんと高度があるうちは突っ込めばよかったな。おりる時のことを考えすぎやなぁ。なんか眼下に田んぼとか下りれそうな場所がないと心配になってしまうんよねぇ。よっほど高度があれば別なんだけどね。

回収はウィンディーな人達に無理やり乗せてもらい早く帰れました。ほんとありがとうございました。

帰ってくると同志社の重鎮 洋平氏がビールをもってかけつけてくれて一緒に乾杯。(てゆうか板敷来てるというので呼びつけたんですが)こっちもご結婚おめでとうございましたとさ。
2009.10.13 EJC 初日
とてもよい条件に恵まれたEJC。自分としては不本意な結果でしたがこれを糧にもっと頑張ろうと思いました。とりあえず自分の飛びを振り返ってみようと思います。

初日 TO→茂木→関城→足尾西ラン 79キロ

最初テイクオフ前が若干渋く、ぶっ飛んでしまった人もいるようだったがなんとか1000くらいまで上げてスタートシリンダー前に到着。するとこの辺がなかなか強いサーマルがあり、2100まで。スタートを待つ選手が雲底付近で密集している。うぉ~っとあぶねぇ!
しかし今回またもやスタートをミスる。スタート直前の1分前。なんとかシリンダーギリギリをキープしようと意識しすぎてシリンダーに入ってしまった。そして一周センタリングを入れようとした瞬間にスタートタイムに!スタートする人達とすれ違う中一周まわして遅れてスタート。高度もロスする。前にもおんなじことを書いた。スタートがどうしてもきれいに切れない。従って一瞬のミスでトップ集団とも離れてしまう。うが~!
と言っても仕方がないので少し遅れてスタートを切る。なかなかいい感じでグライドし高峰あたりで再度強いサーマルにヒット。雲のラインができていたのでそのまま下につけてずっとリフト帯をグライドしながら雲底まで。約2000 近くに氏家さんがいたのでついていくがあっさり置いていかれる。
今回(ていうかいつも)思ったのだが上げるのはけっして周りの人に負けてないがグライドがあまりにも下手すぎる。全くまわりの人についていけない。一緒にグライドしても置いていかれることが多い。
グライダーに対して自分が軽すぎるのか。VGは4分の3ほど引いてベースバーを腰ぐらいまで引いてグライドするが対気で70Kそこそこくらいしか出ない。沈下率だけが増えていく。なんで?だれか教えて。

茂木手前2Kまでくるが高度は1100くらい。茂木あたりはブルー。このまま突っ込むか迷うが少し後ろでまつ、かっきー、アキヨシさんがまわしているので下につく。+2くらいのいい感じのサーマルでまわし1600。しかしふとGPSを見るとパイロンまで4Kと遠ざかっている。LバイDも減らない。むしろ増えている。北がかなり強く入ってきている。これはいかんということで前に進むが予想以上にアゲンストが強く進まない。ようやく茂木取った時には1000を切っていた。まわりはシンク(辛苦)だらけ。ぐわぁ~!
関城ちょっかりコースは次の雲までかなり遠いのでこのコースと通ると突き刺さってしまうことが予想されたので迂回することになるがさっきのサーマルポイントまでもどることにした。ちょっかりコース行って突き刺さった人結構いたらしいのでこの判断はよかったと思う。
600まで下がるがフォローサーマルでくりくりまわしながら流していって高峰あたりで1400まで戻す。途中さのさんと合流したのは結構うれしかった。
しかし「さあ!一緒に行きましょう!」と思ったらなぜか北のほうへ行ってしまった。
「そんなに俺は頼りにならないのか、それとも嫌われているのだろうか・・・」
少し悩むが実はまだ茂木を取ってなかったらしい。やっぱり一人旅。むぅ~
この辺で進路を西に変えてとみや山、ゴールデンレイクスと進むが雲はあるがサーマルがない。でもこの辺はみんな上がったらしいからもっとよく探せばよかったな。そのまま平野に出るもなかなかヒットがなく、だましだまし進むが関城手前8Kくらいであえなく終了。ファック!
でも茂木あたりが結構ネックだったらしくこの日は15位。
そのままちょっかりコースを行かずに遠回りでもサーマルポイントに戻ったのがよかったと思う。池田でのルーマー様の話を思い出していた。ありがたや。
でもあせって平野に出ずにとみや山、ゴールデンレイクスあたりでもっと我慢して探って上げてれば関城は取れたよな~。このあたりで集団だったらな~。やはりトップ集団(でなくても複数)で飛ばんと話にならないな。スタートの切り方やグライドなど課題はてんこ盛りや。難しいわ。
無事足尾に到着しました。予想通りとんでもない状況の中での移動でした。海沿いを通るのは恐ろしいので新名神をスルーして名神を選択。しかし岡崎を過ぎたくらいから悪夢のような状況になり、ついに豊川インターで戦意喪失。動けなくなってしまいすなまんにバトンタッチ。だってまじで怖いよ。実際が…
続きはまた
今から足尾にむけてファミリーご一行が出発します。クレイジーにもほどがあるぜ…
ちっと遅くなったけどシルバーウィークについて少し。

みんなが韓国でランチキ騒ぎをしている間、私は日本で平和な日々を過ごしてました。
まず初日は愛知県にある愛・地球博の跡地の公園に遊びに行ってました。てかなんもね~じゃん。ほんとにただの公園でした。なんかもっとアトラクションとかあると思ったのに。ショック・・・
でもそんな中でまあまあよかったのがトロロにでてくる「さつきとメイの家」

TS3M0006.jpg

(写真乗っけてちゃったけど大丈夫やろな・・・じぶりって著作権にうるさいらしいしなあ)

ほんものそっくりに作ってあるらしく「あぁ、あのシーンだ」なんて思うところも。縁の下や階段のところにどんぐりが落ちてるところとかなかなか芸が細かいっす。
しかも地球博から4~5年たってんのにいまだに人が多いのにはびっくりしました。自由に入れるわけではなく事前に申し込んで決められた時間から50人ぐらいのグループで30分間だけ案内されるシステム。直前の時間のグループは定員オーバーで2時間ぐらい待たされた。あべし・・・
よ~考えたら別にこの家は本物ってわけでもないし、ってか、さつきもメイもそんなに興味あるわけじゃないし、別にロリコンじゃね~し。まあ家帰ってトロロ見直したけど。結構おもろかった。

次の日は大阪で会社の元同期の結婚式。久しぶりに同期があつまり昔話に花が咲く。
あんま書くことない。しいていえば嫁はんがガチャピンそっくりなことか。どうでもえぇっちゅ~ねん。

てな訳でやっと飛べる!と思ったら南強風。鳥取~ズは大佐行ったらしいがおうちで掃除したり酒飲んでうだうだしたり。あんま書くことない。しいていえば1ヶ月ぶりくらいにドラクエ9やったことか。どうでもえぇっちゅ~ねん。

最終日はゆーすけと一緒に2トントラック乗って南港へ韓国帰りのまつのお迎え。2トントラックなんて初めて運転するのでドキドキしたが慣れてきたら楽しくなった。運転席ビューがハイエースとかよりもかなり高く感じる。お~う!

こんな感じのやつ

090923_1506~01

このトラック 4mあるんだけどそれでもグライダーがはみ出てしまう。パッキングしてるのに。
とりあえず紐でくくって帰路につく。トノエアーに帰ってきて9機(実質7機だったか?)を3人で1時間で開梱してしまう。慣れたもんだぜ。うひひっ!

てな感じでシルバーウィークが終わりましたとさ。全然飛べてね~!

どうやら来年も韓国ツアーがあるようで今度は行ってみようかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。