上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、二日目キャンセルで迎えた3日目。大方の予報では雨だったが天気が好転。飛べそうな雰囲気に。

まぁ飛べたけど雷雲が迫ってるということで空中でキャンセル。同時侵入ながらもさくっと下ろしてぼ~っとしてると、
「しまった!足バタバタするの忘れてた!!」

一回やってみたかったのに千載一遇のチャンスを逃してしまった。あ~あ

まぁキャンセルでも飛べただけよかったな。飛ばんといかんよ。やっぱね。

でもって4日目。またも天気は好転。条件もそこそこ良さそう。よっしゃよっしゃとテイクオフして雲底1000まで上げてスタートシリンダー近くにいくと・・・
なんだか雲底が非常に低い雲が大垣方面からズンドコ迫ってくる。なに?この雲の高低差。
よく見ると大垣市内の地上の煙が鬼のように倒れて南風が既に非常に強そうな感じ。ありゃりゃ。
どうやら海風が予想以上にきやがっていて第一パイロン方向も雲に隠れて見えない。オーガ!ではなくてオーマイガ!な感じ。とりあえず雲のへりのところでスタート時間を待つが雰囲気はよろしくない。みんな雲に入ってんじゃないの~?と思いながらスタートするもひっくい雲に阻まれ、おもっくそ引きこんで雲から逃れるようにグライド。しかし雲を抜けるとそこは雪だったブルーホールだった。景気がいいのはバリオのシンク音のみ。こらあかんと思い、雲に寄りつつグライドするも川を超える頃にはみんな2~300くらい。リフトはあるが流されるのみで街中で降ろすところもなく、稲の植えてある田んぼへごめんなさいランディング覚悟で突っ込むかあきらめて河原に降りるか迷うがジモティーとして問題は起こせんということで後者を選ぶ。ふぃ~・・・あぶないあぶない。
しっかしみんな低い高度でよく突っ込むよねぇ。集団心理なのかなんなのかよくわかんないけどあぶないよ~。とんでもなく狭いとこに降りてる人もいたし、怪我した人もいたし。
てな感じで蛤をタンカで運んで本日は終了。本人はまぁ既に元気そうに腹筋してるらしいし、いいんだけどね。みんな安全第一で飛ぼうよ~。
スポンサーサイト
2011.08.29 8/24 池田初日
さて大会の振り返りでも。

初日は朝からどん曇り。11時過ぎにようやく地面がテイクオフから見えるくらいまで雲底が上がってくるがいかんともしがたい雰囲気。でもなんとか飛べそうなのでタスクが組まれて大会開始。タスクは例によって割愛。しばらくみんな出なかったがHろしさんが沖で上げ始めてようやくみんな出始める。

テイクオフしてなんとか8~900まで。(もう記憶はあいまい)既にスタート時間なのでガレ場方面へグライド開始。周りはT波と、う~んと、忘れた。いつも通りガレ場は上がらずいきなりジリ貧となる。+0.5くらいのサーマル(半分は外れている)にしがみついていると少し東のパイロン方向にガーグルが出来ている。周りもみんなそっちに向かうがいまいち上がっているように見えず、なおかつ大垣方面から日差しが近づいてきていたため今動くのはまずいなぁと思い、その場に留まって泣きながら一人でしょぼいサーマルにしがみついていると段々リフトがしっかりしてきた。この判断は正解。気づくとさっき動いた選手の人らは低くなっており一人また一人と脱落していく中、このタイミングではなんとか生き残ることが出来た。まわりはMつとCゅーちゃん。+2くらいのサーマルで1000くらいまで(多分)。雲に入りそうになったので第一パイロンへグライド開始。Cゅーちゃん、それ雲に入ってるんちゃう?と思いながら第一パイロンゲット。先行しているMつについていく。途中女王陛下ともう一機が回していたリフトに入るがMつがわき目も振らずにさらに先行して+3くらいのいいサーマルを見つける。「サーマルサーチすごいよなぁ・・・」と思いつつ下について900くらいまで。
で、パイロン方向とは西にそれたところで第一集団がガーグルしてる。しかしパイロン方向にはいい感じの積雲も見えるが若干遠い気もする。迷った挙句にガーグル方向へ。(既にここで無駄な動き)しかし先行する選手もいてここでさらに迷った挙句(こういう時に自分の意思がないねぇ。その分高度もロスしてるし)先行選手についていくことにするが結構高度はやばめ。ドキドキ・・・
なんとか河原まで出てD門さん、Mつの下につけるが高度は180(確か)。しかも高圧線の上。無理してもあかんし、あきらめて河原にランディング。
この日は最初のレグで結構降りており、デイリーで13位。まぁZXはいい感じに乗れてるし、それなりに手ごたえはあったが昨日書いたとおり乗り手のその場の状況把握や思考、それによる判断がしょぼすぎる。その場その場で迷いすぎ。それで気づいたら高度をロスして降りてしまう。ダメだなぁ・・・。しかしあの積雲にちょっかりで行ってたらどうなってたかなぁ。かっつ~んと上がってトップにおどりでてたりしてね。まぁしょせん結果論ですが。
ほんまうまくいきませんわ。
よし、もう一回サーマルソワリングを読んでみるか。レクリエーションルームを探索しよう。そうしよう。

でもって二日目はキャンセル。ダメモード全開で一日中ダラダラしてましたとさ。
さて、池田山の大会が終了しました。私はもろもろありお先に失礼しましたが夏の池田らしい暑くて熱くて楽しい大会でした。まずは大会を企画・運営してくれたまっすーをはじめスタッフの皆さん本当にありがとうございました。おかげで大会を楽しむことが出来ました。

大会の振り返りはまたするとして今回思ったことはどうしても正しい判断が出来ないということ。ZXに乗り換えて、上げは間違いなく負けてない(と思う)。人とグライドしてても自分が遅いとは思わない(と思う)。まぁグライダーによるところが大きいんだけど基本的な技術としてはそんなに人に劣ってるとは思わないんだが(多分・・・)その日の戦略やその場その場の判断がど~~~しても間違ってしまう。多分10の内9.5は判断が間違ってしまう。知識と思考力が圧倒的にしょぼい。基本的に考えるの苦手だしなぁ。経験積んでその都度、糧にするしかないか。難しいのう・・・
さて、仕事返上?でやってきた池田山。
メンバーはU家さん、Mのる、Wっち、Sまん、Sボンさん、Tっかー、K原さん、バーズな人達、ズームな人達。
今回はついにやつがやってきた!見よ!この勇姿!

110816_1115~01

青、黒のツートンOGAカラーの大鋸仕様機!その名も「LaminarZX!」(という名前に変わったらしい 10ってこと?)
Xなだけあってカーボンの材質やスプログの形状や割り箸が3本になるなど結構変わっている。
結婚前に嫁はん泣きながら説得して大枚はたいた甲斐があったというもんよ。おかげで貯金はすっからかん。やれやれ・・・
で、8月16日はHろしさんがテストフライト実施。ちょっと調整して意気揚々とテイクオフに上がると・・・フォローやんけ。おふっ
雨もパラついてきたので本日はあきらめて撤収。まぁ明日があるさ。
で、夜はMのる、U家さんとズームにお泊り。U田さんも交えていろいろ語って就寝。

8月17日
起きると雨が降っている。おふっ・・・
日射はあるのでとりあえず登頂するも雲が下からわいてきてテイクオフは霧雲の中。でもまぁしつこく待っているとなんとか飛べそうなコンディションになったので一番手!初ZXでついにテイクオフ!いや~緊張しましたねぇ。
コントロールはやっぱり軽くてやりやすい。いいじゃないの。
しかしなんかガチャガチャしたサーマルで上げきれずにもがいていると見るに見かねた営業マン?Hろしさんがぶっ飛びはさせまいと登場。なんとか一緒にえっちらおっちら上げ始める。サーマルもしっかりしてきたところでみんなも出てきて雲底1100まで。
なんか雲に入りそうな感じなのでちょっと迂回して積雲のある東の三条大橋方面へ。VGを4分の3引いてグライド開始。おぉ!なんかいい感じ。ラミナールのいいところはVG引いた状態でも普通にコントロールできるところと聞いていたが確かに。いい具合にグライドできたところでMのる、Hろしさんと揖斐川越えたあたりの積雲につけてくりくり回す。
おっと、VG戻すの忘れてた。しかしVG4分の3状態でも普通にサーマルソワリングできたのは驚きだ。やるな。(なにが?)
しかしサーマルも弱っちいので今度はVGフルオンでメインラン方面へフルグライド。VGフルオンでも不安なく十分コントロールしてグライド出来そうだ。みんなは普通にやってるんだろうけど私は今までコントロールしきる自信がなくてびびってVGフルオンでグライドできなかったんよね。グライドで最大のポテンシャルを発揮するRSの強みを生かせてなかったと思う。ごめんよ。
まぁそんなこんなでとりあえずメインランに戻ってきて山に一端とっつくと雨がパラリ。関ヶ原方面にも邪悪な雲が出来つつあったので後は振り回したり失速させたりといろいろ試してみてランディング。しばらくすると雷がなってきて関ヶ原~大垣あたりは真っ黒な雲に覆われてしまった。最近の池田は状況が刻一刻と変わるなぁ。

なにはともあれ大会前にニューグライダーで飛べてよかったな。LaminarZX気にいったよ。
Hろしさん、Mきこさん、ありがとうございました。
実は来週いっぱい夏休みにして大会前にも練習で飛ぼうと思っていたがちょっと週末あたりから天気が悪そうなのとついにZ9大鋸仕様機がやってきたこともあり急きょ来週月火分の休みを明日明後日に変更してしまった。相変わらずのスチャラカ社員ぶり。まぁ来週の盆明けの忙しい時に休むよりも今週中に休みを消化しといたほうが対外的にも良かろうという自己完結で明日も池田へGO!Hろしさんのテストフライト後に念願のZ9初乗り!ふっふっふ。
明日(元気があれば明後日も)池田山で飛んどりますんでよかったら誰か一緒に飛びましょ~。

というわけで初乗りレポートに乞うご期待!(別にいらん?)
2011.08.15 8/13,14 池田山
さて、大会が近いこともあり今週は池田山に土日連続で行ってきました。
金晩にT波、T中さんが泊まりに来て一通り飲んで朝池田へ。なかなかいい具合な予感の空模様。
Mつ、Kったん、Sまん、Mのる、Wだっち、Dばやし等々なかなかのメンツがそろっている。
最初しばらく上げきれずに苦労したが1000越えたあたりからサーマルがしっかりして雲底1500まで。す~ずし~。最近ソーラーアークが人気スポットなので大垣方面へ。しかしさすがにブルーなだけあってどシンクが続く。大垣駅手前で引き返し山に戻るも上げきれずに降りちゃいました。なんであっちいっちゃったんだろな。みんなはモレラとかまで行ってたみたいだが良さそうな積雲なのに渋かったようで河原にバタバタアウトランしてましたとさ。
で、2時くらいからビール注入開始。ランディングでビールとハイボール飲んでラーメン食って生中飲んで帰ってくるとズームで宴会が始まっており合流。途中2時間くらいくたばってましたが楽しく過ごさせていただきました。で、風呂入ってさらにズームで餃子パーティ。しかしその場にいた池田ギャルズのJC、JKのパワフルなノリに圧倒されてしまいました。T波がかなり頑張っていたが俺にゃ無理だな。最後にズームの人に怒られて終了となりました。やれやれ・・・。

8/14 前半なんか空気が淀んでる感じでテンションが上がらなかったが飛んでみるとまあまあな感じ。
しばらく山際で飛んだ後にガレ場と焼却場の間ぐらいでKったんとHろしさんの3人で1100まで。そのまま大垣方面に向かうもいまいちな感じ。先頭のHろしさんが回しだすが見ているといまいちな感じ。800切ったのと携帯を車に忘れてアウトランできない状況だったこともありそのままランディングに尻尾巻いて逃げかえって適当に飛んでランディング。もうちょっと飛んでられたがなんだか雲の様子がやばげな雰囲気をかもしだしていたのでさっさと降りてブレイクダウン。私はギリギリ間に合ったが何人かは雨に降られてしまった様子。本日は用事があったので先に帰ったのだが帰り途中に池田から関ヶ原あたりにかけてどす黒い邪悪な雲が覆っており、悪夢のような雷が鳴り響いていた。みんな大丈夫だったんやろか。

というわけで今週末は終了しました。しかし疲れたなぁ・・・年かねぇ?

しかしうわさのZ9がまだこねぇ。いろいろ通関のトラブルがあったらしくセントレアで眠っているらしい。う~む・・・
2011.08.07 8/6 池田山
なんだか金晩は微妙な天気予報なんで朝起きて決めることにした。で、朝起きて窓の様子を見ると青空満開!よっしゃと思い外に出ると・・・
岐阜方面はどんよりした曇り空。ふぅ~・・・
とりあえず行ってみるもテイクオフは雲の中。時折地面が見えるタイミングがあるので何人か飛ぶがそのうち雨がどしゃ降りになりグライダーの下でかなり萎えてしまう。もういや!
しかしこれでは帰れんということで怒りのGODパワーで晴れさせて?テイクオフ。Wっちと並走で飛んでると先にヒット。+2~3のなかなかのサーマルで800まで。多分雲底は850くらいかな。南方面になんとなく雲が出来ていたので大垣方面へ。ガレ場で450まで下がるもえっちらおっちら600まで戻す。沖のパフレベルの雲に向かうも悉くスカ。ランディングの風見と近くのたんぼの煙の方向が交差していたので「これがうわさに聞く見えるサーマルか。」と思い交差点を目指すもさらにスカ。そのままランディングしました。まぁ飛べただけましか。
その後は本気モードの夏の池田になり暑いったらありゃしねぇ。運転があったので止めといたがビールがうまそうだぜ。
池田の大会は間違いなく暑く熱くなるぜぇ。みんな池田においで~。

PS
来週は待ちに待ったあいつがついにやってくるぜ!てめぇらびびるんじゃねぇぜ!(なにそれ?)
2011.08.04 素敵リビング
さて、泊まりに来た人は御存じのマイルールのがらんどうリビングにローボードとテーブルとソファがやってきました。
すてき~。ぱちぱちぱち~

110803_2331~01

いや~、快適っす。今までフローリングの板の間に寝っ転がっていたがL字型のすてきソファに寝っ転がることができるようになりました。みんな池田にお越しの際は酔ってらっしゃいみてらっしゃい。

いいぞ。なんだかセレブな気分が盛り上がってきた。フランスで買った6ユーロのワインでも飲もうっと。

そういえば案の定ドイツフランス編はめんどくさくなった。もういいや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。