熱くて暑い池田山カップが無事終了しましたね。まっすー並びに大会役員の方々 楽しい大会を企画してくれてほんとにありがとうございました。天気にも恵まれたしよかったよかった。ああ~、全日程出たかった~。それでもなぜか全然貢献してないのにチーム賞3位とまたまたなぜかビールを飲んでただけなのに飛び賞もゲットしてしまいました。ラッキー!バーズアイビュー様ありがとうございます。
バーズアイビューと言えば、今日会社行った時に
「大会のことが新聞に載ってたよ。75kmも飛ぶなんてすごいんだね。おもしろそうだなぁ。」
と言われました。広報活動お疲れ様です。こういう努力もすごく大切ですね。

さて、自分の飛びはというとう~ん・・・な感じ。
土曜日。スタート前に低くなってしまったが(それでも1000くらい)南が強くなってはまずいので早く進まねばということと小島に日があたってて雲もできていたのであがるだろうという考えで突っ込んだもののスカってしまい、そのまま大きくスタック。頭上をたくさんのグライダーが越えていく中、350まで高度を落とし泣きそうになりながら30分くらいのたうちまわってようやくヒット。1200まで上げなおし東進するもまたもやのたうちまわってGL3近くにランディング。あ~あ。
北の山のほうで上げているガーグル、もしくはガレ場に突っ込めばなんとかなったと思うが高度が低いので行くことができず。低い高度で突っ込んでみたり、低い高度にびびって進めなかったりとやってることがほんとにちぐはぐである。自分でやってて意味がわからん。

日曜日。スタート前の位置取りはいいと思っていたが進むにつれて南西の奥から進んできた集団が高度を落とさずベストなコースで進んでいき、また遅れる。いったんは300まで落ちるが川沿いでなんとか上げなおして進み、第2パイロンをゲットするがそこのサーマルでMつとTPいに後れを取り上がりも悪くなる。その後しびれを切らしてガレ場に移動するもヒットがなくのたうちまわるハメに。いったん180まで落ちたが根性で500まで戻すも低い高度と下ろす場所がないためそこから動くことができずランディング。ガレ場のふもとにたった一枚だけ休耕田があり、あとは全部麦畑や刈り取ってない田んぼだった。その休耕田から離れられませんでした。でもガレ場で450ならやりようあったよなぁ。後から来た人も同じような状況になっても上げて低い高度ながらも進んでいってゴールもしてた人もいたんだし。

なんでかなぁ~。必要以上に安全バーを上げてびびってみたり、低い高度の時に必要以上に突っ込んで勝負かけてみたり飛び方に一貫性がない。大会のたびに毎回同じことをやっている。
わからんやつだ。大鋸貴光ってやつは・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oga69.blog65.fc2.com/tb.php/186-c98327fc