さんざん考えたがよくわからんタイトルでEJCを振り返る。

東京駅でちょっと迷い(京葉線遠すぎ!)、ねずみの遊園地前の舞浜駅でギャルが大量に乗り込んできてうひひっとなりつつ無事なんちゃら駅でMたとの遭遇。お互いスーツ姿で違和感ありあり。
というわけでMたとSげとと3人で一路足尾へ。道中ツイッターの講義を受ける。みんなやってるらしい。私的にはなんだか「つぶやく」という表現がなんかつぶやきシローを連想させるというかなんというか、う~む、ちょっち抵抗があるかなぁ・・・。なんとなくだけど。

さてEJC初日。タスクは割愛。徐々に天気は下り坂予報なので早目かなぁと思いつつも風も強く、TOも結構やばい人もいてそのくせ上がってないので迷いつつも降りることはないやろうととりあえずテイクオフ。
テイクオフ前でえっちらおっちら900くらいか。G気が同高度で猿に向かったので私も向かう。周りはU家さん、Kつらさん。沖からえらい高い高度でだれかしゃん。(Mつかなぁ)猿をとってそのまま引き返すもいきなりジリ貧。あひ~。U家さんやKつらさん、G気はリフトをつかんで上がっていくも私はそこまで山に突っ込めずなし崩し的に前に出ていきなり200を切ってチャックをあけるはめになるが一番前のぽっこりしたところでなんとかよわっちいやつにヒットしてえっちらおっちら900まで。ふぃ~、あぶねぇ・・・。気づくとみんなマイサーマルに入ってきていた。「俺、いい仕事したんちゃう?」といい気になってツバメに向かう。しかし全体的に陰っててなおかつ西側にこぼれる高度もないため目の前の扇風機を避けるため東側に迂回するとずぶずぶ落ちていく。あ~れ~。ツバメは目線より上。サーマル探して迷走するもあえなく板敷にランディング。なにしてんだか。
そうこうしているとコンバットが一機降りてきた。誰かと思ったらMタでした。こんなところでまた遭遇するとは奇遇ですな。
その後予報とはうらはらに晴れていい感じになり、大量のグライダーが西に発射していくのを茫然と見送っていましたとさ。ちぇっ、つまんないの。

その後同期のK-なおこに足尾に送ってもらう。その間次々とランディングしたという連絡が入ったのでたまにはみんなの役に立とうとビールを我慢して回収に向かうも、
「Mっすー回収されました」「I崎回収されました」「もう車にのっとるで(T波)」
なんか友達にどんどん彼女ができて自分だけ取り残される感じ?
意地になってゆららの湯まで行くも誰もいなくなり一匹も獲物をゲットできずにむなしく撤収しましたとさ。
更にめげずにいいところを見せるため山の上の車を回収しようとRぽうさんに頼みこんで登ってみると・・・なんもいねぇ。既に回収された後でした。空回りという言葉が一番似合う一日でした。

あべし!!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oga69.blog65.fc2.com/tb.php/194-975f79a9