さて、キノスカの考察でも。
初日はもろもろの理由でキャンセルでした。

でTASK2を考察。とはいえトップ集団とは心構えも技術も段違いなので比べるべくもないのは百も承知だが少しでもうまくなれるように(そういう気持ちになるように)極力都合よく手前勝手に解釈してみよう。
恥ずかしいし、長い割にたいした内容じゃないので読まんくってもいいっすよ。自分メモ的な感じっす。


さて、タスクは荒川中→九度山→ホテル→船戸→パナソ→龍門LD
結果はゴール出ず。わたしゃ九度山取れずに三谷に沈。全体的にそれなりにリフトはあるんだけどなんだか場所によってガチャガチャしててやな感じ。飛んでて風がぶれてる感じで気持ちわりぃ。
まずスタートの仕方。あまり考えずに確か1時6分とか中途半端にスタートしたはず。結構気分が乗らないとなかなかテイクオフしなかったり、なんとなくスタートできるようになったらなし崩し的にスタートしてる感じ。なんだか時間を見ながらシビアに位置取りしたりができない。めんどくさくってさ。スタート前に疲れちゃって・・・ってこれがいかん!
でもスタート前に何十分も最適な位置取りに神経すり減らすのって実際にタスクこなしてる時よりも疲れないっすか?特に条件いい時にスタートラインぎりぎりの雲底で何十機も右往左往してる時はほんとしんどいっす。そんな時はいつも「フライングしたら楽やろなぁ・・・」とか考えちゃってる。みんなどうなんかな?ってな感じでここんとこずっとスタートは楽なほうに流れてる。
いかん!やっぱりもう一回ちゃんと最適なスタートを頑張って意識してみよう。そうしよう。

でいろんな人とTASK2のログを見比べてみた。・・・う~む。
まずグライド。間違いなく遅い。だいたい自分の最速グライドと他の人のそれを比べると多分時速10kは違う。おまけにコースはそんな違わんのに沈下率も悪い。グライドが下手すぎる。
理由は明確で実はグライド時にいつもVGを4分の3(へたすると半分)くらいしか引いていない。でもって結構引きこんでいる。そら遅い上に沈下率も悪いわなぁ。なんだかVGが引きにくい。固いのかもしれんがいつもVG引くのにものすごく手こずってる。ちょっと引いては手に巻いて、ちょっと引いては手に巻いてって感じである程度引くと腕が痛くてしんどくなってもういいやってなってる。
いかん!これではまともなグライドができるわけもない。ちょっと他の人にコツでも聞いてみよう。そうしよう。

次にサーマルソワリング。これはかなりひいき目にみるとそ~んなに劣ってもいないかなぁ?と思う。多分・・・あくまでひいき目に見てですよ。グライダーの性能に助けられてるのもあるんだけどね。
まぁテクニカルなところでは改善の余地は山ほどあるんだろうがあまりテクニカルに考え過ぎると私の場合うまくいかなくなるような気がする。今でもコアを意識して極力強いリフトに留まる事を第一に考えてアレしたりコレしたりして回しているし。まぁ結構考えずに感覚で回してるほうがうまくいくのかも。あくまで私の場合ですが。
よし!サーマルソワリングはとりあえずよしとして、より上級テクについてはまた今度考えるとしよう。そうしよう。

で、TASK2のログを見てると・・・う~む、そ~んな劣ってる動きとも思わんがなぁ。へぼいスタート切ってグライドが遅い割には荒川中取って九度山手前のピラミッドまではトップ集団と一緒に動けてるし。
ただ途中で無駄なセンタリングが多い。グライド途中でどうしてもリフトにかまってしまう。比べてトップの人らはグライドに迷いがない。この差はなんだろう?トップの人らはグライドする時とセンタリングする時(ポイント?)を明確に決めて飛んでるんかな?私はグライド途中でもリフトがあるとどうしても回してしまう癖がある。「あ~・・・このリフトで回しといたほうが・・・いいかなぁ~」なんて迷いながら回しだすもんだから当然リフトは外すわ、高度もロスるわ、回す分遅れるわで悪いことずくめ。メリハリをつけて飛ばないと無駄の多い動きになってしまうのは自明の理。とはいえそれは明確にこれから向かう先の状況が予測できて、なおかつ「あそこにサーマルがあるはずだからあそこまで行く!」って考えがないとできない芸当。
いかん!予測フライトを一度心がけてみよう。そうしよう。
やってるつもりなんだけどね。あまいんだろうなぁ。

最後に運命の分かれ道になったピラミッドでの心理を読み解いてみよう。

というところで嫁はんに「いいかげんに寝て!」と怒られたので今日はここまで。続きはまた明日にでも。
バイなら。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oga69.blog65.fc2.com/tb.php/309-a471bf66