9/26に続いて本日も霊石山。天気は東→南 昼から曇り、雨?みたいな予報でいまいち。

とりあえず登頂するとなんかじーさんばーさんのハイキング集団が群れを成していて質問攻め、ってほどでもないけどいろいろ聞かれる。まあいいけど。

しかし風はなんだか怪しげな感じ。裏は南が4Mくらい吹いているがテイクオフはよわ~い北風。だましとも思ったがランディングの吹き流しや地表の煙は北。どうやらコンバージェンスラインがちょうどテイクオフあたりで行ったりきたりしてる感じ。ふむふむ。まつがタイミングを見計らっている横でとりあえず爆睡する。
しばらくしてまつのダッシュする足音で目が覚め様子を見ているとちょうどラインに乗った感じでするすると600?くらいまで上昇していく。しかしかなり揺れてて荒れているのがわかる。テイクオフはあいかわらず無風から北0.1くらい。たまに南。う~む・・・
するとあきよしさんが雄たけびを上げながら猛ダッシュでテイクオフしていく。うへ~、あんな走らなあかんのか。

いまやん「あんなに走れないよ~!俺スタ沈しちゃうよ~!」
OGA「そうっすよね~」
清水「もう俺グライダーたたみます」

てな感じだったがここで引き下がるのも悔しいので飛ぶことにした。よわ~いブローで思い切ってダッシュする。足がもつれそうになり、もうあかん!と思った瞬間にテイクオフした。多分あと2歩走ったらこけていただろう。体力のなさを痛感してしまった。いかんなあ。
とりあえずテイクオフ前はゆる~いリフトでわりかし穏やか。ヘロヘロ回しているといまやんもテイクオフ。左のほうで回しだしたのでよっていくと今までとはうってかわってガチャガチャ荒れている。ぐぬぬっ…ちょうどこのあたりにラインがあるのだろう。しばらく頑張るが曇ってきたし上がりも悪いので本日はこれまで。ランディングに向かいましたとさ。
しかし久しぶりに無風で超ダッシュテイクオフしたなあ。しんどかった~。強風テイクオフも難しいが無風なのも大概ですな。
俺もちょっとテイクオフについて感じたことを書いてみることにします。
テイクオフで大事なのはまずホールド。これがきちんと決まらないと走り出すこともままなりません。これ当たり前。
次に走り出しの1歩目。これでうまく出れるかどうかがほぼ決まると思う。ノーズが上がったり傾きだしたりするのはだいたい1歩目でしょう。グライダーをホールド状態のままうまくブローに乗せてやる感じ?
しかし風向きとかで取られだすこともあるので空中に出るまでは走ってる最中でも傾きを感じて修正することをしなければならない。無風の時はそれを意識しなければいけない時間がかなり長いし強風の時は取られるのは一瞬だろう。でもそれさえ敏感に察知して反射的に修正できれば取られてスタ沈することはまずないだろう。多分…。
当たり前っぽいがスタ沈するときはそれができてなくて傾いたまま出てスタ沈ってパターンが多いんちゅうかな?「あ~傾いちゃってる~やば~い」ガッシャ~ン!て感じ?
今回テイクオフが結構気になったので自分に言い聞かす意味でも思い切って書いてみました。安全第一ですな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oga69.blog65.fc2.com/tb.php/83-4c0bfe86